笠置灯ろう流し

笠置灯ろう流し

過去に木津川において水難事故にあい、亡くなられた方々の霊を慰める目的で、昭和35年頃より続いている伝統行事です。当時は、灯籠は町の和尚達により流されていましたが、笠置町観光協会が、それを引き継ぎ、笠置町の夏のひとつの風物として実施して、規模も拡大してきました。その後、一般社団法人観光笠置が、その事業を引き継ぎ、地元の一般住民や町外からの一般の観光客も参加しておられます。

開催日 2017年8月16日(水)
時間 18:30~19:30
場所 笠置大橋上流(約300m)左岸
住所 京都府相楽郡笠置町笠置
アクセス JR関西本線「笠置駅」より徒歩約10分
お問い合わせ 0743-95-2011

Search