平成30年特別展 少女ゴコロと竹久夢二

平成30年特別展 少女ゴコロと竹久夢二

竹久夢二(1884~1934)は明治末から昭和初期に一世を風靡した画家で詩人、デザイナーです。西洋のアールヌーヴォー、日本の浮世絵などを独自の感覚で融合した画のスタイルで人気を博しました。夢二は女性の美しさをテーマとした画を多く描きましたが、それらは「夢二式美人」と称されます。また便箋や封筒といった日用品、本の装幀などにみられるデザイナーとしての側面も見逃せません。
本展では、夢二が八幡に残したひとつの作品を手掛かりに、夢二の作品世界を覗いてみたいと思います。肉筆作品約10点をはじめ、版画や装幀本など約40点をご紹介します。

・開館時間: 午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
・休館日 : 月曜日(ただし、11月5日は開館)
・入館料 : 一般600円・学生500円・高校生以下無料(20名様以上団体2割引)

開催日 平成30年10月27日(土)~12月9日(日)
場所 八幡市立松花堂庭園・美術館
住所 京都府八幡市八幡女郎花43-1
アクセス ◆電車・バスをご利用の場合
京阪八幡市駅・京阪樟葉駅・JR松井山手駅より、京阪バスをご利用ください(「大芝・松花堂前」バス停下車すぐ)。
または、「コミュニティバスやわた」もご利用いただけます(「大芝」下車すぐ)。
お問い合わせ 075-981-0010
関連URL http://www.yawata-bunka.jp/syokado/event/index.htm

Google MAP で開く

Search