笠置寺

笠置寺

巨石が点在する山岳修行の寺

奈良時代に創建され、東大寺お水取りの発祥の地と言われる。
笠置山で鹿狩りを楽しんでいた天武天皇の皇子が、巨岩の上で進退きわまったとき、仏に祈念して難を逃れた。そこで大岩面に弥勒菩薩を刻むことを願われ、天人が彫刻したとされる本尊を中心にはじまったのが笠置寺。
平安末期には弥勒信仰の聖地として発展したが、元弘の乱で消失し、現在の建造物は以後に再興、修復された。

TEL 0743-95-2848
住所 京都府相楽郡笠置町笠置笠置山
営業時間 夏期 8時30分~17時
冬期 9時~16時
定休日 なし
料金 拝観料
大人 300円
中学生以下 100円
アクセス JR関西本線「笠置」駅下車、徒歩45分
リンク 施設サイト

駐車場

Google MAP で開く

Search