神童寺

神童寺

聖徳太子が開いた寺と言われる寺

神童寺は聖徳太子が開いた寺と言われ、その当時は大観世音教寺と称していた。その後、寺号を神童寺と改め、山岳修験の道場として栄えた。数多くの藤原期の仏像が残されており、阿弥陀如来坐像、愛染明王坐像、不動明王立像、毘沙門天立像、日光菩薩立像、月光菩薩立像の6体は、室町時代に再興された本堂とともに重要文化財に指定されている。

TEL 0774-86-2161
住所 京都府木津川市山城町神童子不晴谷
営業時間 9時~17時(冬期は16時まで)
定休日 無休
料金 拝観料 500円
アクセス ◆JR奈良線「棚倉」駅から車で10分(徒歩の場合約40分)
◆近鉄京都線「新祝園」駅から車で20分

駐車場

Google MAP で開く

Search