松花堂庭園・美術館

松花堂庭園・美術館

約400種類の竹がある池泉回遊式日本庭園

江戸時代初期・華やかな寛永文化の中心となって活躍した松花堂昭乗(1584~1639)ゆかりの松花堂庭園。
2万2千㎡の広大な庭園は、草庵「松花堂」、泉坊書院などの文化財が露地庭や枯山水とともに趣のある風景をつくり出している。庭園内の茶室梅隠のつくばいに水琴窟があり、茶室の腰掛待合に座ると美しい音色が楽しめる。また、梅、桜、椿、青もみじ、紅葉など、四季を通した景観が癒しのポイントとなっている。
松花堂弁当の発祥の地でもあり、庭園を観ながら弁当を味わうことができる。要予約
(吉兆松花堂店 TEL.075-971-3311、11時~20時ラストオーダー、15時~17時は喫茶メニューのみで営業)
また、美術館では昭乗ゆかりの作品等の館蔵品展、特別展、企画展を催している(詳細要問合せ)。

TEL 075-981-0010
住所 京都府八幡市八幡女郎花43
営業時間 9時~17時(入園・入館は16時30分まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌平日)
料金 庭園入園料
・大人 400円
・学生 300円
・小人 200円
美術館観覧料
・大人 400円~(360円~)
・学生 300円~(270円~)
・小人 200円~(180円~)
( )内は、庭園同時入場割引
アクセス 京阪本線「八幡市」駅、または京阪本線「樟葉」駅から京阪バスで「大芝・松花堂前」下車、徒歩1分
リンク 施設サイト

駐車場

Google MAP で開く

Search