宇治橋

宇治橋

日本三古橋のひとつ

大化2年(646年)に奈良元興寺の僧道登によって最初に架けられたと伝えられ、「瀬田唐橋」「山崎橋」とともに、日本三古橋のひとつに数えられている。現在の橋は、平成8年(1996年)3月に完成したもので、檜製の高欄に青銅製の擬宝珠を冠し、宇治橋が持つ歴史的イメージを残し、周辺の景観にも調和したデザインになっている。上流側に張り出した「三の間」は守護神「橋姫」を祀った名残とか、豊臣秀吉が茶の湯に使う水を汲ませたところともいわれ、そこからの上流の眺めは絶景である。

TEL 0774-22-3141
住所 京都府宇治市宇治里尻
定休日 なし
アクセス ◆京阪宇治線「宇治」駅下車すぐ
◆JR奈良線「宇治」駅下車、徒歩10分
関連URL http://www.city.uji.kyoto.jp/

Search