阿弥陀寺

阿弥陀寺

城陽市指定文化財

もとは地蔵院といい、専順和尚が創建した真言宗の寺。その後、江戸時代の寛永4年(1627年)に浄土宗に改め、明治12年、付近にあった3寺と合併して現在の阿弥陀寺となった。京都国立博物館に寄託されている薬師如来立像は、奈良時代から平安時代前期の翻波式衣紋も美しい佳作で、ヒノキを用い、台座の蓮肉まで彫り出した一木造である。重要文化財に指定されている。本尊の阿弥陀如来坐像は城陽市指定文化財。

TEL 0774-52-0421
住所 京都府城陽市枇杷庄大堀14
営業時間 拝観自由
薬師如来立像の開帳は要予約(雨天は閉扉)
定休日
料金 無料
アクセス ◆近鉄京都線「富野荘」駅下車、徒歩5分

Search