法泉寺

法泉寺

要文化財に指定されている十一面観音立像

万治年間(1658~1660)賢盛が開基して安養寺といったが、貞享3年(1686)に法泉寺と改称した。重要文化財に指定されている十一面観音立像は、高さ86.0cmの一木造りの像で平安時代後期に作られた秀作。

TEL 0774-72-8905
住所 京都府木津川市相楽才ノ神43
定休日 無休
アクセス ◆近鉄京都線「山田川」駅下車、徒歩10分
◆近鉄京都線「高の原」駅下車、徒歩20分
◆JR学研都市線「西木津」駅下車、徒歩15分

駐車場

Search