大住隼人舞

大住隼人舞

10月14日の夕刻、月読神社・天津神社の宵宮に奉納されるこの舞は、約1300年前に大隅隼人が朝廷に仕え、宮廷で演じたとされる古代芸能を復活させたもの。岩戸神楽とともに日本民俗芸能の源流といわれている。四方に笹つきの竹を立て、縄を張りめぐらせた舞台には、正面の大竹に天蓋がつけられ、5色の幡を垂らし、米や塩、野菜などが備えられる。海幸彦・山幸彦の神話が起源。

開催日 2019年10月14日(月)
場所 天津神社(18:30~)
月読神社(19:30~)
住所 京都府京田辺市大住岡村62
アクセス JR「大住」駅から徒歩15分
お問い合わせ -
関連URL http://kyotana.be/object/detail/119/

Google MAP で開く

Search