伊佐家住宅

伊佐家住宅

代表的な庄屋屋敷として国の重要文化財に指定

江戸時代に、代々幕府領の庄屋を務めた伊佐家の住居で、国の重要文化財に指定されている。 母屋は享保19年(1734年)に建てられた入母屋造り。大きな茅葺屋根は、かつてあった巨椋池の茅で葺かれ、特徴的な赤い壁は、今は入手できない伏見の「桃山」という壁土を用いる。 木津川にかかる流れ橋の近くにあり、事前申し込みで見学可能。 見学は10人以上。 申し込みは、四季彩館へ。月曜日休館。(月曜日が祝日の場合翌平日が休館)

TEL -
住所 京都府八幡市上津屋浜垣内
定休日 月曜日休館。(月曜日が祝日の場合翌平日が休館)
アクセス 京阪本線「石清水八幡宮」駅から京阪バス(75系統岩田経由新田辺行き、または73系統西岩田行き)で「浜上津屋」下車、徒歩1分

Search