現光寺

現光寺

恭仁宮跡や加茂町の街並みを見下ろすことができる

由緒の詳細は定かではありません。元禄10年(1697年) に再興された時、海住山寺縁起絵巻の詞書撰者である真敬法親王(興福寺一乗院門跡)が落成を賀したこと、正徳2年(1712年) に貞慶上人の五百年忌に際して海住山寺の本堂開帳が行われた時、現光寺の住僧が参詣したことなどは、海住山寺とのつながりのもとで歩んできた歴史を物語っています。
収蔵庫には本尊の木造十一面観音坐像(重要文化財)が納められています。表現特色から、鎌倉時代後期の造立と推察されています。観音様の坐像は全国にも数体しかなく、珍しいものです。
※電話予約をすれば、10名以上から拝観が可能です。

TEL 0774-76-2256
住所 京都府木津川市加茂町北山ノ上9
定休日
料金 拝観料 500円(※電話予約をすれば、10名以上から拝観が可能です。)
アクセス JR加茂駅より徒歩または、コミュニティーバス山田線「山之上」下車すぐ約18分

Search