安福寺

安福寺

平重衡の引導仏

本尊の「阿弥陀如来像」は、平重衡の引導仏といわれています。
平重衡は、東大寺・興福寺を焼打ちにしたことから、文治元年(1185年)6月23日、木津川河原で斬首されました。
その際、近くの古堂から阿弥陀仏を運び出し平重衡の前に安置し、阿弥陀仏の御手にかけた紐を平重衡が持ち、「浄土に迎えられますように」と念仏を唱えながら斬首されたといわれています。
本堂は、別名「哀堂(あわんどう)」とも呼ばれており、地域の人たちが平重衡の死を哀れみ、こう呼ぶようになりました。
また、境内には、平重衡の墓と伝わる「十三重石塔」が建てられています。

※境内地のみ自由参拝

TEL 0774-72-9922
住所 京都府木津川市木津宮ノ裏274
定休日
アクセス JR奈良線「木津駅」より徒歩10分
またはコミュニティーバス<木-2>「宮の堀」下車すぐ

Search