松花堂庭園・美術館

松花堂庭園・美術館

約40種類の竹と3つの茶室がある回遊式日本庭園

江戸時代初期・華やかな寛永文化の中心となって活躍した松花堂昭乗(1584~1639)ゆかりの松花堂庭園。 草庵「松花堂」、泉坊書院などの文化財と築山で構成する内園(国名勝)、三つの茶室を配する回遊式の外園で構成される2万2千㎡の広大な庭園。梅、桜、椿、青もみじ、紅葉など、四季を通した景観が楽しめる。吉兆創業者湯木貞一と松花堂の出会いの地で、庭園を観ながら松花堂弁当を味わうことができる。 ※要予約 (京都吉兆松花堂店 TEL.075-971-3311、11時~20時ラストオーダー、15時~17時は喫茶メニューのみで営業) また、美術館では昭乗ゆかりの作品等の館蔵品展、特別展、企画展を催している(詳細要問合せ)。

TEL 075-981-0010
住所 京都府八幡市八幡女郎花43-1
営業時間 9時~17時(入園・入館は16時30分まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌平日)及び12月27日~1月4日
料金 庭園入園料
・大人 400円
・学生 300円
・こども 200円(小・中学生)
美術館観覧料
・大人 400円(360円)
・学生 300円(270円)
・こども 無料 (小・中学生/高校生)
・特別展示 1,500円以内で、催しにより定める額
(  )内は、庭園同時入場割引
アクセス 京阪本線「石清水八幡宮」駅、または京阪本線「樟葉」駅から京阪バスで約15分「大芝・松花堂前」下車、徒歩1分
リンク 施設サイト

駐車場 WiFi

Search